【将棋のマナー そのA】

前回のマナーほど重要ではありませんが
知っておいてください。

(5)上手(強い人)が王将を、下手(弱い人)が玉将を取ります
駒は、基本的には、上手が王将を取り、下手は玉将を取ります。
同じような実力の場合は年上の人が王将を取ります。

(6)から打ちや駒をたたきつけたりするのやめましょう
から打ちとは、駒を指す前に別の場所で何度か打ちつけることです。
また、必要以上に駒を盤上にたたきつけたりする人もいます。
これもあまりマナーが良いとは言えません。

(7)「指し手を戻す」ことはやめましょう
「待った」そのものは、マナー違反と言うより、ルール違反に
近いものですが、たとえば、駒を動かした後に、手が駒から離れる前に、指し手を戻すことは、ルール違反にはなりません。
しかし、頻繁にこの「戻し」を行うことは、やはりマナーとしてはあまり良いものではありません。

(8)自分だけの長考は控えましょう
自分だけ長考(長い時間考えること)は、差し控えるように
しましょう。
友人同士の場合、予め考える時間を決めておきましょう。

(9)対局中のおしゃべりは控えましょう
相手の指し手の悪口を言ったりするのは、論外ですが、
関係ない話題でも、相手の考えを妨げるような話は控えましょう。
但し、友人同士で、わいわい指すのが楽しい場合は、
問題ありません。

(10)感想戦を行うようにしましょう
将棋が終わった後は、お互いに、どの手が良かったのか、
どの手が悪かったのか、検討しましょう。
上達に役立ちます。


マナーを守ることで、お互い気持ちよく将棋を指すことが
できます。
また、それが上達へもつながっていくと考えられます。
楽しく将棋を指すために、最低限のマナーは守りましょう。


posted by 将棋大好き at 01:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 将棋のマナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。