【将棋のルール】

競技者双方が交互に指し手を進めていき、
最終的に相手の玉将(玉)または王将(王)
を詰めた人が勝ち
となります。

細かな基本的なルールを見ていきます。
基本ルール
* ゲームの進行は、競技者双方が交互に、盤上にある自分の駒を1回指す(動かす)か、
または持ち駒(既に取った相手の駒)を1つ盤上に打つ(置く)か、どちらかを行うことで進めていきます。

* パスは出来ません。

* 1つのマス目に複数の駒が存在すること、または1つの駒が2つ以上のマス目に同時に存在することは出来ません。

* 駒は、玉将(玉)または王将(王)・飛車(飛)・角行(角)・金将(金)・銀将(銀)・桂馬(桂)・香車(香)・歩兵(歩)の8種類あり、
それぞれ動きが決まっています。盤上のある駒が動くことができるマス目のことをその駒の「利き」といいます。

* 盤上の中で、自分側の3段を自陣、相手側3段を敵陣と言い、玉と金以外の駒は敵陣に進むと「成る」ことが出来ます。
o 成るときには駒を裏返して配置します。
o 一度成った駒は元に戻すことは出来ません。
o 成りは強制ではなく、成らないこと(「不成(ならず)」)を選択することも出来ます。
ただし、桂は敵陣2段目もしくは1段目に進んだとき、香および歩は敵陣1段目に進んだときには必ず成らなくてはいけません(成らなかった場合、移動先がなくなるため。#反則又は禁じ手で後述する)。
o 飛・角はそれぞれ竜王(竜)・竜馬(馬)になり、元の動きに加えて自分から1マスの範囲すべてが移動可能になります。
o それ以外の駒は、それぞれ銀は成銀、桂は成桂、香は成香、歩はと金となり、金と同じ動きが出来るようになります。
o 敵陣から出る場合にも成ることができます。ただし、成らないまま敵陣から出た駒はもう一度敵陣に入るまで、成ることは出来ません。

* 自分の駒の利きに相手の駒があるとき、相手の駒の位置に自分の駒を移動することでその駒を取り、自らの持ち駒に出来ます。

* 自分の駒の利きに自分の駒があるときは、そこに移動することは出来ません。

* 持ち駒は自分または相手の駒がない場所であれば、盤上の好きなところに打つことが出来ます。
このとき、成った状態で打つことは出来ません。
o そこに打つと、動ける場所がないところには打つことが出来ません。
具体的には、桂馬は敵陣2段目と1段目、香車と歩兵は敵陣1段目に打つことが出来ません。
o その駒の利きに相手の駒または自分の駒があっても、打つことが出来ます。


posted by 将棋大好き at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋のルール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。